広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット

dkutilDefinedC.h の解説

このグラフは、どのファイルから直接、間接的にインクルードされているかを示しています。

Included by dependency graph

ソースコードを見る。

構成

struct  dCPUInfoObject
struct  dCSVStructure
 CSV data of C Language. [詳細]

struct  dSingleListObject
 C言語上でもdKingyoSingleList使えるようにする構造体. [詳細]


マクロ定義

#define DKINGYO_NOT_MOUNTED   -100
 メンバ関数が定義されていない時に返す変数

#define DKINGYO_NO_DEFINED_FUNCTION   DKINGYO_NOT_MOUNTED
 DKINGYO_NOT_MOUNTEDと同じ.

#define DKUTIL_SUCCEEDED(s)   (!s)
#define DKUTIL_FAILED(s)   (s)
#define DCSVSTRUCTURE_PERMITSIZE_OFFSET_EXTENTION_NUM   3
 dCSVStructureのpermitsizeのぶち込んでよい空間を指す添え字

#define DCSVSTRUCTURE_DEFAULT_STRING_BUFF_SIZE   32
 dCSVStructureのデフォルトのstr[]のサイズ

#define MB(str)   MessageBox(NULL,str,"Message",MB_OK)
 MessageBoxを表示.

#define ODS(str)   OutputDebugString(str)
 OutputDebugStringを使用.

#define SWAP_NUM(a, b)
 正統派 整数、実数専用スワップ

#define SM_OFFSET(p_type, field)   ((unsigned int)&(((p_type)NULL)->field))
 構造体のオフセットを求める Struct Member Offset

#define SET_RECT(rect, l, t, r, b)
 RECT構造体に入れる。.

#define NULL_CHAR_ARRAY(s)   memset((void *)s,0,sizeof(s))
 CHARの配列を初期化する。.

#define SET_VA_LIST(buff, buffnum, origin)
 沢山引数をつける関数のサポート^^;


Typedef

typedef void(* VOIDFUNC )(void)
typedef void(* VOIDARGFUNC )(void *)
typedef void(* VOIDARGFUNCFLAG )(void *, int)
typedef void(* OGG_CALLBACK_DU )(char *ptr, size_t permit_num, size_t offset)
 OggVorbisデコードのコールバック.

typedef BOOL(* ISTYPE_DU )(void)
typedef void(* NAMETYPE_DU )(char *, size_t)
typedef long(* CPUCLOCK_DU )(void)
typedef dCPUInfoObject DKINGYOUTILITY2_CPU_INFO
typedef dSingleListObject DKINGYOUTILITY2_SINGLE_LIST
 C言語上でもdKingyoSingleList使えるようにする構造体.

typedef dCSVStructure DKINGYOUTILITY2_CSV_STRUCTURE
 CSV data of C Language.


Enum

enum  {
  enuWindows3_1 = 1, enuWindowsNT3_51, enuWindowsNT4_0, enuWindows95,
  enuWindows98, enuWindows2000, enuWindowsMe, enuWindowsXP
}
enum  { enu_dDialogOpen = 1, enu_dDialogSave, enu_dDialogTextSave }
enum  { enuMSEC = 1, enuCPUCLOCK }
 デバックにつかうdkutil::StopWatchのタイマーの種類設定用 [詳細]

enum  {
  enuDKINGYO_BMPFILEHEADER_ADR = 1, enuDKINGYO_BMPCOREHEADER_ADR, enuDKINGYO_BMPINFOHEADER_ADR, enuDKINGYO_BMPPALLETE_ADR,
  enuDKINGYO_BMPGRAPH_ADR, enuDKINGYO_ISBMPFILE_EXACT_CHECK, enuDKINGYO_ISBMPFILE_CAMOUFLAGE_CHECK
}
 画像ファイルを解析する時に使う^^ [詳細]

enum  {
  enuSTRLENGTH_INT_DU = 1, enuSTRLENGTH_UINT_DU, enuSTRLENGTH_LONGLONG_DU, enuSTRLENGTH_ULONGLONG_DU,
  enuSTRLENGTH_DOUBLE
}
 文字列の長さの識別子。 [詳細]

enum  {
  edk_FAILED = -1, edk_SUCCEEDED = 0, edk_FileNotFound, edk_LogicError,
  edk_BufferOverFlow, edk_FileSignatureException, edk_Not_Satisfactory
}
enum  { enuExtendVaListLength = 256, enuDefaultExpandSize = 100 }
enum  {
  enuDU2CSV_STRING = 1, enuDU2CSV_STRING_32MORE, enuDU2CSV_INT, enuDU2CSV_LONGLONG,
  enuDU2CSV_ULONGLONG, enuDU2CSV_DOUBLE
}
 dCSVStructureのunion内に何が入っているかフラグ [詳細]


マクロ定義の解説

#define DCSVSTRUCTURE_DEFAULT_STRING_BUFF_SIZE   32
 

dCSVStructureのデフォルトのstr[]のサイズ

#define DCSVSTRUCTURE_PERMITSIZE_OFFSET_EXTENTION_NUM   3
 

dCSVStructureのpermitsizeのぶち込んでよい空間を指す添え字

#define DKINGYO_NO_DEFINED_FUNCTION   DKINGYO_NOT_MOUNTED
 

DKINGYO_NOT_MOUNTEDと同じ.

#define DKINGYO_NOT_MOUNTED   -100
 

メンバ関数が定義されていない時に返す変数

#define DKUTIL_FAILED  )     (s)
 

#define DKUTIL_SUCCEEDED  )     (!s)
 

#define MB str   )     MessageBox(NULL,str,"Message",MB_OK)
 

MessageBoxを表示.

#define NULL_CHAR_ARRAY  )     memset((void *)s,0,sizeof(s))
 

CHARの配列を初期化する。.

#define ODS str   )     OutputDebugString(str)
 

OutputDebugStringを使用.

#define SET_RECT rect,
l,
t,
r,
 ) 
 

値:

{\
    rect##.left   = l;\
    rect##.top    = t;\
    rect##.right  = r;\
    rect##.bottom = b;\
}
RECT構造体に入れる。.

#define SET_VA_LIST buff,
buffnum,
origin   ) 
 

値:

va_list VaList;\
    va_start( VaList , origin ) ;\
    _vsnprintf( buff ,buffnum, origin , VaList ) ;\
    va_end( VaList )
沢山引数をつける関数のサポート^^;

後ろの方に沢山引数をつけられるようにするva_listの初期化。
buff = charのバッファ
buffnum = buffのサイズ(バイト単位)
origin = 最初の文字列
例:例えば、普通に書くとこんな感じ。

void ERROR_BOX(char *str,...){ char s[512]; va_list VaList ; va_start( VaList , str ) ; vsprintf( s , str , VaList ) ; va_end( VaList ) ; MessageBox(NULL,s,"ERROR_BOX",MB_OK); } このマクロはこのように使う。 void ERROR_BOX(char *str,...){< char s[512]; SET_VA_LIST(s,512,str); MessageBox(NULL,s,"ERROR_BOX",MB_OK); }
どうだ!!!これでかなり面倒な文が減った!!
引数:
buff [out] 文字列バッファ
buffnum [in] バッファのサイズ(バイト単位
origin [in] 元の文字列

#define SM_OFFSET p_type,
field   )     ((unsigned int)&(((p_type)NULL)->field))
 

構造体のオフセットを求める Struct Member Offset

覚え書き:
example UINT get_offset = SM_OFFSET(_WIN32_FIND_DATA *,dwReserved1);

#define SWAP_NUM a,
 ) 
 

値:

a = b - a ;\
    b -= a ;\
    a += b
正統派 整数、実数専用スワップ


Typedef の解説

typedef long(* CPUCLOCK_DU)(void)
 

typedef struct dCPUInfoObject DKINGYOUTILITY2_CPU_INFO
 

typedef struct dCSVStructure DKINGYOUTILITY2_CSV_STRUCTURE
 

CSV data of C Language.

typedef struct dSingleListObject DKINGYOUTILITY2_SINGLE_LIST
 

C言語上でもdKingyoSingleList使えるようにする構造体.

typedef BOOL(* ISTYPE_DU)(void)
 

typedef void(* NAMETYPE_DU)(char *,size_t)
 

typedef void(* OGG_CALLBACK_DU)(char *ptr,size_t permit_num,size_t offset)
 

OggVorbisデコードのコールバック.

typedef void(* VOIDARGFUNC)(void *)
 

typedef void(* VOIDARGFUNCFLAG)(void *,int)
 

typedef void(* VOIDFUNC)(void)
 


Enum の解説

anonymous enum
 

Enum 値:
enuWindows3_1 
enuWindowsNT3_51 
enuWindowsNT4_0 
enuWindows95 
enuWindows98 
enuWindows2000 
enuWindowsMe 
enuWindowsXP 

anonymous enum
 

Enum 値:
enu_dDialogOpen 
enu_dDialogSave 
enu_dDialogTextSave 

anonymous enum
 

デバックにつかうdkutil::StopWatchのタイマーの種類設定用

Enum 値:
enuMSEC  マイクロセコンドで示す
enuCPUCLOCK  CPU クロックで示す.

anonymous enum
 

画像ファイルを解析する時に使う^^

Enum 値:
enuDKINGYO_BMPFILEHEADER_ADR 
enuDKINGYO_BMPCOREHEADER_ADR 
enuDKINGYO_BMPINFOHEADER_ADR 
enuDKINGYO_BMPPALLETE_ADR 
enuDKINGYO_BMPGRAPH_ADR 
enuDKINGYO_ISBMPFILE_EXACT_CHECK  isBmpFile()でのflagにぶち込む識別子 Bitmapファイルかどうか正確なチェックを行う。
enuDKINGYO_ISBMPFILE_CAMOUFLAGE_CHECK  isBmpFile()でのflagにぶち込む識別子 偽装ビットマップかどうか調べる。

anonymous enum
 

文字列の長さの識別子。

Enum 値:
enuSTRLENGTH_INT_DU  INT以内の数.
enuSTRLENGTH_UINT_DU  UINT以内の数.
enuSTRLENGTH_LONGLONG_DU  LONGLONG(__int64)以内の数.
enuSTRLENGTH_ULONGLONG_DU  ULONGLONG( unsigned __int64)以内の数.
enuSTRLENGTH_DOUBLE  だヴる(floatなんていらねぇ(爆))以内の数値?

anonymous enum
 

正式版で対応するであろうエラーID類(しかし、対応は未定・・・

覚え書き:
edkはEnum of D Kingyoの略 (爆)
Enum 値:
edk_FAILED  ともかく、エラーらしい。
edk_SUCCEEDED  見事 成功!!
edk_FileNotFound  ファイルが見つからない。
edk_LogicError  内部的にエラーが起こった。
(まだ、その関数を使う準備が出来ていないとか,起こりえないエラーが起こったとか
edk_BufferOverFlow  バッファをはみ出してしまうので処理を完了できなかった。
edk_FileSignatureException  ファイルのシグネチャが合わない
edk_Not_Satisfactory  エラーではないが、満足な処理はされなかった。意図とした結果は得られないかもしれない。

anonymous enum
 

Enum 値:
enuExtendVaListLength  拡張型引数のバッファの追加サイズを指定する
enuDefaultExpandSize  コンテナ系のテンプレートクラスでどのくらいのサイズ(または数)を確保するかを設定する

anonymous enum
 

dCSVStructureのunion内に何が入っているかフラグ

Enum 値:
enuDU2CSV_STRING 
enuDU2CSV_STRING_32MORE  31byte以上(NULLを入れると32BYTE)のSTRINGならこのフラグ
enuDU2CSV_INT 
enuDU2CSV_LONGLONG 
enuDU2CSV_ULONGLONG 
enuDU2CSV_DOUBLE 


dKingyoUtility2に対してThu Sep 25 21:43:24 2003に生成されました。 doxygen1.3